【脱毛はマナーで常識「汚い」は暴力だ】ローランド「美」にまつわる名言10選

メンズ

「世の中には二種類の男しかいない。俺か、俺以外か」

あまりにも有名なローランドの言葉である。

彼はこれ以外にも、多くの「名言」を残している。

本記事ではローランドの「美」に関する「10の名言」を紹介したい。

関連記事:【レビュー】ローランド新著「君か、君以外か。」に学ぶ【成功者のミニマリスト術】

ローランドの”スタイル維持の秘密”

彼が体型を維持する秘訣を問われ、答えたのが次の名言。

デブは甘え。

普通に生きていたら太らない

出典:ローランド著「俺か、俺以外か ローランドという生き方」

冒頭から辛辣な言葉である。

ローランドの高校時代は、サッカーの強豪校で厳しい練習に明け暮れる日々だった。

体を鍛えることが「習慣化」しているからこそ、スタイルを維持できている面もあるだろう。

だが、ローランドがストイックに自身を追い込むことができる本当の理由は、別にある。

「ローランドに嫌われたくない」

他人に嫌われないように、ではなく「自分に」である。

ローランドの生き方、美学の根底にあるのは異常なほどの「自己愛」。

成功者には「自分大好き」な人が多い。

もしもあなたが「成功したい」「モテたい」と願っているのならば、まず「自分を愛する」ことから始めよう。

ローランドへの殺害予告

ローランドがホストを勤めた新宿・歌舞伎町。

現在こそ健全化が進んでいるものの、10年ほど前は危険な街だった。

そんな歌舞伎町で働いていた当時、彼はある男から女性のことで因縁をつけられ、殺害予告を受けた。

心配した店のオーナーは、ローランドに言った。

「そのブロンドヘアは目立ちすぎる。出勤するのであれば、切るか黒く染めてくれ」

ローランドは言い返した。

このブロンドヘアは、俺の魂みたいなものなんです!

切るぐらいなら、死んだほうがマシ

出典:ローランド著「俺か、俺以外か ローランドという生き方」

ローランドの象徴であり、代名詞ともいえる金髪のロングヘアー。

それは商売道具であると同時に「ローランド自身」だった。

”守るべきものは何があっても守る”

ローランドの信念を雄弁に語るエピソードである。

ローランド「男たるものタキシードだろ‼」

ローランドはタキシードをこよなく愛している。

「夜王」という漫画に登場する、ローランドが尊敬するホスト・上条聖也、そして映画「ゴッドファーザー」のコルレオーネの影響だ。

ローランドが出勤の際、必ずタキシードを着用する理由はおもに3つ。

  1. 世界中どこへ行っても恥をかくことがない(ドレスコード)
  2. 似合うためにおのずと”スタイルの維持”が不可欠
  3. 「制約」のある動きが行動を「上品」にする

その信念から生まれた名言。

タキシードをカッコよく着られない男なんて、男じゃねぇ

出典:ローランド著「俺か、俺以外か ローランドという生き方」

ローランド「ホストとは、夢を魅せる仕事」

「ローランドさんもコンビニに行きますか?」

俺はローランドだからね。

コンビニには手を染めないよ

出典:ローランド著「俺か、俺以外か ローランドという生き方」

ホストに限らず、仕事をするうえで「イメージ」は大切だ。

ホストクラブに通うお客は「非日常」を求めてやってくる。

夢を魅せる仕事である以上、生活感は言動から極力そぎ落とす。

「『ホスト・ローランド』はコンビニを使わない」

プロフェッショナルのその言葉に嘘はない。

「綺麗好きで、完璧主義」

接客するテーブルの”数ミリのずれ”も気になるほど、完璧主義のローランド。

従業員の寮を抜き打ちチェックした際に言い放った名言がこれだ。

この部屋が汚いの?

それとも俺が綺麗すぎるから汚く見えるだけ?

出典:ローランド著「俺か、俺以外か ローランドという生き方」

「自信過剰」

そう笑うのは簡単だ。

しかし、周囲に向けた言葉は、ブーメランとなって自身に向かってくるリスクもある。

「ローランド」のブランディングの崩壊と表裏一体なのだ。

それでも彼は「名言」といわれる言葉を発信しつづける。

「ローランド」であり続けるために。

ローランド「身なりは、人を作る」

ジャージばかり着ていたら、ジャージが似合う人間になっていく

出典:ローランド著「俺か、俺以外か ローランドという生き方」

この言葉は、ローランド自身の経験に基づいている。

数年前の正月、家族とのんびり過ごした時のことだ。

5日間ほどジャージ姿で過ごし、髪は手入れもせず寝ぐせのまま。

休み明けに出勤すると、どうもしっくりこない。

スーツを着こなすというより”スーツに着られている”感覚だ。

この時、彼は感じた。

「人はだらしない生活を送ると、知らぬ間にだらしない生活や格好が似合うようになってしまう」

誰にも見られていないところでカッコつけられる奴こそ、いざ本番で真に輝けるのだ。

「薔薇のように咲き、桜のように散る人生」

ローランドといえば「薔薇」のイメージだ。

しかし「美しい」と「好き」は違う。

世界で一番美しい花は薔薇。

でも、世界で一番好きな花は桜なんだ

出典:ローランド著「俺か、俺以外か ローランドという生き方」

薔薇には「唯一無二」の美しさがある。

しかし、ひとつだけ大きな欠点がある。薔薇は

「美しいまま散ることができない」

ローランドは2018年、ホストの現役を引退した。

売上げ、名声ともに頂点だったにもかかわらず。

彼の美学は「一番美しいときに潔く散る」こと。

桜は枯れた姿を見せることなく、美しさのピークで散ってゆく。

たとえ周囲にどれだけ惜しまれようとも。

「人生を懸けて常にカッコよくいたい」

ローランドにとって「美意識」は人生最大のテーマ。

「カッコいい男でいるために生きている、そういっても過言ではない」という。

カッコよくなると気持ちが変わる。

そして、気持ちが変わると人生が変わる

出典:ローランド著「俺か、俺以外か ローランドという生き方」

見た目を変えることは、内面を磨くことにも通じる。

社交的になれたり、毎日が充実したものになる。

言いかえれば、自分に自信が持てない場合の対処法が「見た目を変える」ことなのだ。

「ローランド周り」は脱毛ずみ

テレビ番組にゲストで呼ばれた時の言葉。

脱毛して筋トレしとけば、男は何とかなる

出典:2021年1月16日放送 日本テレビ系「メレンゲの気持ち」

やや乱暴にも聞こえるが、さきほど紹介した「見た目を変えると、内面も変わる」に通じる名言だ。

外見を整えることは、人生を変えたい男の「最後の切り札」なのかもしれない。

なお、この番組でローランドは脱毛について聞かれ「ローランド周りは全部なくしてる」と、迷言(?)を残している。

ローランド「男こそ美しくあるべき」

ローランドビューティーラウンジ

最後は、ローランドが経営する脱毛サロン「ローランドビューティーラウンジ(RBL)」公式サイトに記された名言を紹介。

ムダ毛の処理はマナーであり常識のようなもの。

「汚い」は暴力である

出典:「ROLAND Beauty Lounge」公式サイト

ホストの現役を退いて以降、ローランドは美容に関する事業を多く手掛けている。

RBLもそのひとつ。

彼は大学を1日で退学してホスト業界に飛び込んだ。

そこで№1に登りつめた男が次に頂点を目指すのが、メンズ脱毛サロン「RBL」。

そのサイトでは、ローランドが脱毛サロンを始めた理由が明かされている。

興味ある方はぜひ、のぞいてみて欲しい。

ローランドビューティーラウンジ公式サイト

女性向け脱毛サロンもオープン

「美しい男を世の中に増やす」

これまでメンズ脱毛に情熱を注いできたローランドだが、ついに「女性向けサロン」をオープンした。

その名は「RBLレディース」

まずは東京・新宿からのスタートだが、今後も新規出店が予定されている。

ローランドがついに女性向け脱毛サロン「RBLレディース」をオープン!

参考記事:【都道府県別店舗一覧】ヒカル、ローランドと同じ「痛くない脱毛」が受けられるサロン

関連記事:ローランドの脱毛サロンに「人類で1番ヒゲが濃い男」が来た!女性視聴者の反応は?

関連記事:YouTuberヒカル参戦で【有名人経営の脱毛サロン】は3強時代へ「リジャンヌ」の評判は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました