「マスクイケメンとは言わせない!」女性を【青ヒゲ】でがっかりさせない方法

メンズ

マスク姿で人と接する機会が増えました。

マスクをした姿はあなたの「第一印象」となります。

「あの人カッコイイ!」

そう思われたらラッキー。

でもちょっと待って。

もしかしたらマスクを外した姿が、女性をがっかりさせているかも?

「マスクイケメン」から「真のイケメン」へ。

大切なのは「ヒゲのケア」です。

マスク姿は「3割増し」?

「マスク美人」「マスクイケメン」という言葉があります。

マスクには人を実際以上に「美人」「イケメン」に見せる効果があるといわれています。

「マスクは3割増しに見える」

「いや、5割増しだ!」

そんな声も聞かれます。

「最近、きれいな人が増えたような?」

そう感じている方も多いのでは。

ではなぜ、マスクには「マスク・マジック」とも呼ばれる効果があるのでしょうか?

「マスク・マジック」でイケメン・美人に見える理由

マスクが多くの人を「きれいに見せる」理由には、おもに以下の3つがあるとされています。

理由①小顔効果

適切なマスクを使うことで、顔が小さく見える効果を狙えます。

使用するマスクのポイントは3つ。

  1. 鼻、サイドまでしっかりと覆う「大きさ」
  2. 引き締まって見える「色合い」
  3. 鼻筋が通って見える「立体感」

サイズは鼻、口、あごをしっかりと覆うもの。

しかし、大きすぎると”すき間”ができてしまい、マスク本来の「ウィルスなどの侵入、飛沫を防ぐ」といった目的から外れてしまいます。

逆に鼻、あごが出てしまう「アベノマスク」は論外。

小顔効果も望めません。

理由②隠れている部分を良いイメージで補完(空間補完効果)

人間の脳には、隠れている部分を自分に都合のよい想像で埋める性質があるといいます。

「空間補完効果」と呼ばれています。

見える「目元」を手掛かりとして、隠れている鼻から下の部分を「脳内補正」するこの現象。

多くの人が「イケメン、美人が世に増えている」

そう感じる大きな要因といえます。

理由③少ないパーツでバランスが取れやすい

「黄金比」をご存じでしょうか。

古代のパルテノン宮殿やピラミッド、画家・レオナルド・ダビンチなどが用いたとされる「人間が美しく感じる比率」です。

この黄金比は人間の「顔」にも存在しています。

代表的なものとして

「髪の生え際から眉頭:眉頭から鼻の下:鼻の下からあご先」

この長さの比率が

「1:1:1」というものです。また

「左の目尻から目頭:左の目頭から右の目頭:右の目頭から目尻」

このそれぞれの長さがやはり「1:1:1」であれば、きれいに見えやすいといわれています。

特に女性の場合、メイクで目の周りを黄金比に近づけることが可能。

目から下はマスクをすることで、顔のおよそ40%が隠れることになります。

メイクは目の周囲のパーツ・バランスに全集中。

マスクによって「美人」へのハードルはグッと低くなっています。

あとは周囲の人が「脳内補正」してくれるのを待つことになります。

「マスクイケメン」は誉め言葉?

ところで「マスクイケメン」は誉め言葉なのでしょうか?

一見すると誉め言葉のようです。

しかしネット上で調べてみると、必ずしも好意的に使われているとは限らない現実が見えてきました。

マスクを外して「がっかり」させてるかも?

Twitterで調べてみると、「マスクイケメン」をポジティブにとらえるツイートが見受けられました。

 

がっかりの理由のひとつ「青ヒゲ」

しかしマスクイケメンを「残念」とするツイートも多くありました。

その原因はマスクを外した時に現れる「青ヒゲ」だったのです。

 

 

 

 

まさに「マスク・マジック」

イケメンだと期待した男性が、マスクを外したら青ヒゲでがっかり・・・。

マスクでハードルが上がっている分、その落差にショックを受ける女性が多いようです。

あなたも気付かないところで、女性をがっかりさせているかも?

青ヒゲができる原因

マスク生活を余儀なくされるなか、意外な形で注目されている「青ヒゲ」。

ヒゲは他の体毛よりも密度が高く、太く、毛根が深くなっています。

そのため、処理しきれない毛が多く残り、皮膚から透けて青く見えてしまう状態が「青ヒゲ」です。

ではなぜ、青ヒゲが目立つ人とそうでない人がいるのでしょうか。

その原因はおもに以下の3つです。

  1. もともとヒゲが濃い(男性ホルモン)
  2. 肌が白い
  3. 誤った自己処理

ヒゲの濃さは男性ホルモンに関係しています。

そのため、男性ホルモンが活発な人ほどヒゲが濃い傾向があります。

また、当然ながら肌が黒い人よりも、白い人のほうが青ヒゲが目立ちやすくなります。

そしてもうひとつ。

青ヒゲが目立つ要因になりやすいのが「自己処理の方法」

ヒゲに限らず体毛は、刺激を受けるほど太く、丈夫になろうとします。

青ヒゲが気になる人ほど毎日しっかりとヒゲを剃り、シェーバーも深剃りできるものを選ぶことでしょう。

しかし、ヒゲを剃るという行為は少なからず肌を傷つけ、逆に毛穴を目立たせることにもつながりかねません。

青ヒゲを抑える方法

青ヒゲを目立たなくするおもな方法は次のとおりです。

  • 深剃りできるシェーバーで念入りにこまめに剃る
  • 日焼けして肌を黒くする
  • 男性ホルモンを抑える(食事療法、サプリメントなど)
  • 除毛、抑毛クリームを塗る

また、最近では青ひげに塗って隠す「コンシーラー」も発売されています。

これらは安価にて自分で手軽にできる青ヒゲ対策です。

しかしメリットばかりではありません。

食事やサプリメントは効果までに長い期間が必要、他の方法も肌に負担を与えることになります。

そこでおすすめなのが、コストは掛かるものの抜本的な青ヒゲ対策としての「ヒゲ脱毛」です。

女性をがっかりさせないための「ヒゲ脱毛」

せっかく女性が好意を抱いてくれたのに、いざ食事に誘ってマスクを外したら・・・。

気づかぬうちに仲良くなるチャンスを逃していた、そんな失敗は避けたいものです。

いまや「メンズ脱毛は当たり前」の時代。

なかでも注目されているのが”痛くない”脱毛法「ルミクス脱毛」です。

「痛くない」と話題の「ルミクス脱毛」

ルミクス脱毛は国産の最新脱毛機「LUMIX-A9」を使用する脱毛法。

いわゆる「光脱毛」の1種で、脱毛サロンで受けることができます。

医療脱毛や他の光脱毛は、少なからず”痛み”が伴います。

特に「ヒゲ脱毛」は他と比べて、痛みを感じやすい部位。

その理由は次のとおりです。

  • 毛根が密集している
  • 毛が太い
  • 皮膚が薄い
  • ヒゲ剃りで肌にダメージ

従来の脱毛は黒い「メラニン色素」に反応させる方法でした。

参考記事

「医療脱毛」と「エステ脱毛」の違いは?受けるまえに知っておきたい脱毛の基礎知識

【都道府県別】近くの人気「ヒゲ脱毛ができるクリニック」全国一覧

そのため、毛が密集している鼻下やあごは特に痛みを感じやすくなっています。

しかし、いま話題となっている「ルミクス脱毛」は従来の方式とは異なるため、ほとんど痛みを感じることなくヒゲ脱毛が可能となっています。

最短半年で完了

ルミクス脱毛は「最短6ヵ月で完了」をアピールポイントに挙げています。

この理由はおもに次の3つ。

  • 1回の施術時間が短い
  • 予約が取りやすい
  • 短い周期で通える

とはいえ、ヒゲは濃さに個人差があるため、一概に「6ヶ月で」とはいえません。

無料カウンセリングで聞いてみることをおすすめします。

なお「ルミクス脱毛」については下記のページにて詳しく解説しています。

いま話題の「ルミクス脱毛」とは?しくみとメリット・デメリットを徹底調査

ローランドビューティーラウンジ

ローランドビューティーラウンジ

ルミクス脱毛を採用しているメンズサロンを1件ご紹介します。

「現代ホスト界の帝王」ローランドさんがオーナーの「ROLAND Beauty Lounge(RBL)」です。

RBLは2018年12月、東京・新宿に1号店をオープン。

現在は全国に16店舗を展開しています。

ローランドさんいわく

「脱毛はマナー。汚いは暴力だ」

”ローランドイズム”の染み込んだRBLで「がっかりさせないイケメン」を目指し「自分磨き」に励むのもありですね。

参考記事

ローランドの脱毛サロンに「人類で1番ヒゲが濃い男」が来た!女性視聴者の反応は?

マスクイケメン卒業へ。まずは無料カウンセリング

RBLでは随時、無料カウンセリングを受付けています。

気になる「痛み」「期間」「費用」など遠慮なくカウンセラーに聞きましょう。

参考記事

【ルミクス脱毛】無料カウンセリングに潜入!本当に痛くない?【ヒゲ脱毛体験談】

メンズ脱毛「無料カウンセリング」の準備、持ち物、知っておきたい心得

なお、通える地域にRBLがない方は下記のページにてお近くのルミクス脱毛サロンを探してみてください。

【都道府県別店舗一覧】ヒカル、ローランドと同じ「痛くないルミクス脱毛」が受けられるサロン

近くの医療脱毛クリニック探しはこちらから↓

【都道府県別】近くの人気「ヒゲ脱毛ができるクリニック」全国一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました