「いまさら脱毛なんて・・」40、50代からの脱毛が恥ずかしくない【3つの理由】

脱毛の基礎知識

「今さら脱毛なんかしてどうするの?」

男女問わず、家族、友人に脱毛の相談をしたらそんな反応をされた40代、50代の方は多いかもしれません。

しかし「脱毛は若い人がやること」という考えはすでに時代遅れ。

アラフィフ、シニア世代からの脱毛が遅くない理由をお話しします。

「人生100年時代」が到来

この記事を読んでくださっている方は、自分が何歳まで生きるとお考えでしょうか?

ベストセラーとなった書籍「 LIFE SHIFT(ライフ・シフト)100年時代の人生戦略」によると、いま20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上まで生きる確率が50%を超えるといいます。

平均寿命が過去に比べて大幅に伸びる現在、長い人生をどう生きるのか?。

私たち一人ひとりが問いかけられています。

その答えの選択肢のひとつが「脱毛との向き合い方」です。

脱毛は女性から男性、そして全世代へ

「脱毛なんて必要ない」

「若い女性がすること」

これが昭和生まれの代表的な「脱毛観」ではないでしょうか。

しかし時代とともに価値観は変化します。

令和のいま、若い女性はもちろん、男性が脱毛することもまったく珍しいことではありません。

実際に多くの有名人が「メンズ脱毛サロン」を開業し、成功を収めています。

参考記事YouTuberヒカル参戦で【有名人経営の脱毛サロン】は3強時代へ

需要増す40代以上の「脱毛」

そして脱毛は40代以上のミドル、シニア世代にも浸透しつつあります。

理由は大きく分けて3つ。

  1. 引退年齢の高齢化
  2. 認知されつつある「介護脱毛」
  3. 白髪も脱毛できる「新技術」の登場

ひとつずつ見ていきましょう。

①社会参加の長期間化

書籍「 LIFE SHIFT 」でも述べられているように、私たちの人生設計は大きな変化を迫られています。

  • 20歳前後までは「教育」
  • 60歳まで「労働」
  • 引退

このような大多数の人が歩んだ、単純な人生計画はもう通用しません。

仮に100歳まで生きるとして、引退期間が「40年間」というのはあまりにも長すぎます。

その結果、今後は多くの人々が70歳、もしくはそれ以上の年齢まで働くことになります。

「働く」とは、いわゆる「労働」に限りません。

地域のボランティアなどの活動に参加する方もいるでしょう。

「清潔感」を保つための「脱毛」

いずれにしても、これからは「社会参加=人との関わり」の期間が格段に伸びることになります。

そして他人と関わる際に、大切にしたいのが「清潔感」です。

トーキョー女子映画部が実施した「カッコいいおじさんとただのおじさんの違いは?」アンケートの結果は以下のとおりでした。

  • 身だしなみや清潔感・・・43.9%
  • 会話内容・話し方・・・22.3%
  • 体型・・・11.8%
  • 仕草、動き・・・10.4%
  • 服装・ファッション・・・7.6%

他者との関係を円滑にするために、清潔感はとても大切です。

40代、50代になってもそれは変わりません。もちろん男女問わず。

そして、清潔感を保つ方法のひとつが「脱毛」です。

「人生100年時代」においては、50歳といえどもまだ折り返し地点。

長い残りの人生をより楽しく、有意義に過ごすために「脱毛」を選択する。

そんな人が増えています。

この傾向は今後、ますます顕著になっていくでしょう。

②「介護脱毛」という新常識

近年、「介護脱毛」という言葉を目にすることが増えました。

介護脱毛とは、将来に介護を受ける立場になることを想定して、あらかじめアンダーヘア(VIO)を脱毛しておくことです。

「ハイジニーナ脱毛」とも呼ばれます。

VIOとは次の部分を指します。

  • V=いわゆるビキニライン
  • I=性器部分
  • O=お尻(肛門周り)

これらデリケートゾーンのムダ毛を無くしておくことで、介護する側の負担を減らすことが目的です。

デメリットはほぼありませんが、公衆浴場などで他の人の視線が気になる、そんな人もいるかもしれません。

介護従事者の声

では、介護脱毛の具体的なメリットは何でしょうか。

介護職に就く40代男性に聞きました。

介護脱毛のおもなメリットは次の3点です。

  • 便などで汚染されにくく、皮膚トラブルの回避につながる
  • 皮膚に異常が発生した場合も発見しやすい
  • 排泄ケアの時間短縮(ふき取りのしやすさ)

介護する側とされる側、双方にとってメリットがあるといえます。

脱毛は「他人と自分への思いやり」

東京新聞・電子版にある記事が掲載されました。

介護を経験した人が、それをきっかけにみずから介護脱毛を行なった、というものです。

東京新聞・電子版「老後に備え介護脱毛」

介護を経験することのない人も、いずれ自身が「介護される側」にならないとは限りません。

むしろ、その立場になる可能性のほうが高いでしょう。

また、もしも介護を受ける立場にならなかった場合も、VIO脱毛には以下の利点があります。

  • ビキニラインの手入れが不要
  • 蒸れない
  • 匂わない
  • 排泄時のふき取りの軽減
  • 清潔になる

体臭のおもな原因はムダ毛に繁殖した雑菌。

匂いの元となる雑菌の住処を取り除けば、気になる体臭も軽減されます。

介護脱毛は自分と、お世話になる人への「思いやり」といえるでしょう。

③「白髪」も脱毛できる新技術が登場

前出の東京新聞の記事では「白髪になる前の介護脱毛」をすすめています。

これまでのレーザー脱毛技術(医療脱毛)では「白髪は脱毛できない」ためです。

しかし脱毛技術は日々、進歩しています。

サロンだけでなく、最近は医療クリニックでも導入されている「SHR(蓄熱方式)」という脱毛技術によって、これまで不可能とされてきた「白髪」や「色素の薄い毛」も脱毛できるようになりました。

従来のレーザー脱毛は黒い「メラニン色素」に反応して熱を発し、毛根を破壊するものです。

一方、「SHR方式」のターゲットはメラニン色素ではなく「バルジ領域」という「発毛の司令塔」部分に熱を連続で当てて「蓄熱」することで発毛を抑制。

そのため、すでに「白髪」となってしまった後でも脱毛効果が得られるのです。

なお、医療脱毛とエステ脱毛の違いなどを詳しく知りたい方は、下記のページをご一読ください。

「医療脱毛」と「エステ脱毛」の違いは?受けるまえに知っておきたい脱毛の基礎知識

「痛くない脱毛」にも注目

ここまで読んでくださった方は

「VIO脱毛って痛そう」

そう感じているかもしれません。

たしかに、個人差はありますがレーザー脱毛は痛みを伴います。

毛の太いヒゲ、ワキ、VIOは特に痛みを感じやすい部位です。

しかし蓄熱式のSHR方式では、その痛みは格段に抑えることができます。

「痛すぎて途中であきらめた」

そんな声をよく耳にするVIO脱毛も、最新の蓄熱式脱毛ならば、お金と時間を無駄にせずに済むことでしょう。

蓄熱式脱毛法のひとつ「ルミクス脱毛」に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

いま話題の「ルミクス脱毛」とは?しくみとメリット・デメリットを徹底調査

脱毛は「人生後半」の選択肢のひとつ

長寿化のすすむ現代において40歳、50歳はまだ「人生の折り返し地点」にすぎません。

これまで生きてきたのと同じ時間をこれから、もういちど過ごすことになります。

その期間をどう過ごすのか。選択肢はたくさんあります。

  • 新たな資格、スキルを身につける
  • 社会貢献の活動をする
  • 起業する
  • 副業を始めるetc.

いまパートナーのいない方は、これから新たな出会いが待っているかもしれませんね。

いずれにしても、脱毛は今後の人生を「楽しく生きる」ための選択肢のひとつ。

男性の脱毛がそうであったように「シニア世代からの脱毛」も受け入れられつつあります。

年齢を理由に脱毛をあきらめていた方も、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

関連記事:

【都道府県別】近くの人気「脱毛ができるクリニック」全国一覧

【月額3000円?】エステティシャンが【ラココ】無料カウンセリングを体験してみた

都道府県別「痛くないルミクス脱毛」が受けられるサロン一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました